和商コーポレーションの取り組みについて

手包み餃子が美味しい和商コーポレーションの取り組みと餃子のレシピについて

フランチャイズ契約をしている和商コーポレーション

      2017/03/03

ギョーザを製造・販売している会社は複数ありますが、ギョーザの産地として有名な宇都宮市で本格的なギョーザを製造および販売している会社があります。その会社の名前を和商コーポレーションと言います。
和商コーポレーションは、宇都宮市を中心に活動していますが、千葉県野田市や埼玉県の北本市にも営業所があります。この会社の特徴はギョーザを機械で包んでいるのではなく、一つ一つ手包みを行っています。これによりギョーザの皮と具の間の空気が抜けるためおいしいギョーザをつくることができます。具体的にはなめらかな触感で、しっとりとしているのが特徴です。
和商コーポレーションの商品はギョーザ以外にも複数あります。ギョーザは1ケース100個入りで1万円で販売しています。それだけではありません。しそ味のヒジキは1キロ4800円で販売しています。また青のりや四川風ザーサイなども販売しており、主に中華の商品が中心になります。

和商コーポレーションは、ビジネスとしてフランチャイズ契約ができるようになっています。フランチャイズ契約の特徴はマンツーマン指導をしてくれるところです。店舗を持つというよりも、大型ショッピングモールや大型スーパーなどで販売をするのが中心です。委託販売の報酬については総売り上げから仕入れ代金とロイヤリティーテナント料などを差し引いたものが報酬になっています。売り上げの25パーセント程度が報酬になると思えば間違いないでしょう。売り上げが上がるごとに報酬の割合が増えてきます。販売している商品は宇都宮餃子が中心ですが、それ以外でも塩辛や明太子なども販売しているのが特徴になります。
フランチャイズ契約の流れとしてはまず申し込みをしてから、次に説明会が行われます。説明会についてはオーナーの収益詳細や、業界内での優位性についての話しがあります。基本的に渡した資料だけでは説明しきれなかったことや細かい内容についての説明も行っていきます。そのとき質問もできますのでわかりにくかったところは、質問をすることで解決ができるでしょう。
次に面接を行います。面接で問題なければ後日1日体験という形で、店頭で販売をする体験をします。1日体験が終わった後は研修を行い、研修で必要な知識や経験が身に付いていればそのまま契約になります。フランチャイズで無事契約をすることになると、大型ショッピングモールや大型スーパーなどで商品の宣伝販売をすることになります。場所は一定の場所ではなく移動式の販売が中心です。

 - 未分類