和商コーポレーションの取り組みについて

手包み餃子が美味しい和商コーポレーションの取り組みと餃子のレシピについて

水餃子の美味しい作り方

      2017/03/03

ギョーザにはさまざまな種類がありますが、その中で日本でもよく親しまれているギョーザは水餃子になります。通常、餃子は皮につつんで焼くものですが、水餃子は普通の餃子と異なります。基本的に餃子の皮が厚くつくられているのが特徴です。そのギョーザを温かいスープなどに入れて煮込みます。やがて、やわらかくなったところで皿に盛り、完成です。
ではおいしい水餃子の作り方はどのようなものがあるでしょうか。

まずはスープを鍋に取り分けて温めることから始めます。スープをなべに入れて温め始めたら、そこのスープの中に鶏がらスープを入れて溶かしてきます。やがてギョーザを入れ時間通りに煮込んでいきます。最後にごま油を少し入れて完成になります。これは市販のギョーザを使ったものですので、手作りをする場合はその前の段階でギョーザをつくっておかなければなりません。通常の焼きギョウザに比べると時間がかかるのが特徴ですが、完成した時は満足感に浸ることができるでしょう。

では、ギョーザの皮から手づくりでつくる場合は、どのような手順になるでしょうか。まず必要なものはあいびきミンチにキャベツ・にら・シイタケ・ニンニクそしてなましょうがになります。なましょうがに関してはチューブで売っているやつでもかまいません。
作り方の手順としてはまず強力粉をボールにいれてそこに水を入れなじませます。水は入れすぎないようにしましょう。団子になり丸くすることができるぐらいがよいでしょう。次に、あい引きミンチに塩と胡椒を混ぜていきます。そのあとにみじん切りにした野菜を入れてかき混ぜできます。最初に作った団子の皮を取り出し、棒状のもので転がしていき、平べったくするようにしましょう。問題になる厚さレースが1ミリ程度を目標にして棒を転がすとよいです。

生地が出来上がったら、その生地の上に先ほど作った団子をのっけていきます。ふたをして指で軽く押して中身が出ないようにすれば完成です。
水ギョーザのたれについては、ボールに豆板醤や砂糖を入れてかき混ぜます。しょうゆや酢など調味料を加え、そのあとになましょうがを加えたら出来上がりです。お好みでゴマ油やラー油を入れてみてもいでしょう。
またシンプルなものであれば、鶏がらスープを入れて塩やコショウをふりかければ完成します。お好みでホウレンソウやチンゲンサイなどを入れてみてもいいかもしれません。
このように、水餃子のおいしい作り方にもさまざまな方法があるのです。

 - 未分類