和商コーポレーションの取り組みについて

手包み餃子が美味しい和商コーポレーションの取り組みと餃子のレシピについて

焼餃子の美味しい作り方

      2017/10/04

焼き餃子といえば外側の皮がパリッとしているけれども、中身はジューシーなものが、最もおいしいと言えるのではないでしょうか。どうせ食べるのであれば、このおいしい焼き餃子を食べたいものです。そこで今回は、焼き餃子のおいしい作り方をご紹介いたします。一般的な餃子の焼き方としては、油をひいたフライパンで焼き色を付けた後に、蒸し焼きにする方法でしょう。しかしおいしい焼き方は、冷たいフライパンに並べて、蒸した後に油を加えて焼き色をつけるという調理法です。

おいしく作るためには三つのポイントがあります。そのポイントとしては、具材をしっかり練ること、皮にたっぷりと具材を包むこと、蒸してから焼くことが挙げられます。まず最初にひき肉と調味料を加え、しっかりと練りましょう。野菜を加える前に、あらかじめ肉と調味料を混ぜて、肉の粘り気が出るまでしっかりと混ぜます。最初に野菜も一緒に加えてしまうと、野菜の水分が出てしまい、水っぽい具材になってしまいます。肉の粘り気が出るまでしっかりと混ぜたら、野菜を加えます。野菜を加えた後はこねずにさっくりと混ぜましょう。最後に片栗粉を混ぜることで、野菜から出る水分をコーティングすることができます。

中に入れる具材が出来上がったら、皮で具材を包みます。皮1枚に対して25グラムほどの具材を包みましょう。この量を加えることでジューシーな餃子に仕上がります。中の具材をたくさん入れると、包むときに中身が出てしまったり、うまくくっつかないこともあるでしょう。包むポイントとしては、皮の中央部分を最初にくっつけて、両サイドの皮を中央に寄せるように包んでいきましょう。この包み方をすることで、中の具材をたくさん入れることができます。

餃子が包み終わったら、フライパンで焼いていきます。この時のポイントは蒸してから焼くということです。まだ火をつけていない冷たい状態のフライパンに、餃子を並べていきます。すべてを並べ終えたら火をつけましょう。中火でフライパンを温めたら、このフライパンの中にお湯を加えます。水ではなくお湯を入れることで、蒸気を早く出すことができ、上手に餃子を蒸すことができます。蒸しあがったら、油を加えて焼き色をつけましょう。
このような作り方をすることで、まるで中華料理店で食べるような焼き餃子の味を再現することができます。自宅でも簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■参考動画

 

 - 未分類