和商コーポレーションの取り組みについて

手包み餃子が美味しい和商コーポレーションの取り組みと餃子のレシピについて

おしゃれな餃子店

   

餃子と言えば、お供はラーメンやごはん。その他、ビールと言った場合が多いのではないでしょうか。

しかし、大阪の東梅田にあるワインバル「オペラッタ52(ゴートゥー)」では、そんな、今までの餃子のイメージとは全く違った形で餃子を提供しています。外観も中華屋さんではなく、黒を基調とした外観で赤の丸いテントがあるようなお店。餃子店には見えず、まるでバーのような雰囲気の店内になっています。

店内のインテリアもゴージャスで、アンティーク調のテーブル席を初めとし、間仕切りがあり、個室感覚で利用する事ができる店内になっています。そんな店内で頂く事ができるのは、ワインと餃子。「オペレッタ52」では、ワインのラインナップに力を入れており、様々なワインを楽しむ事ができるようになっています。

そして、そんなワインにあう料理として提供されているのが餃子なのです。日本では、庶民的な食べ物の代表となっている餃子。そんな餃子と一緒に手軽にワインを楽しんでほしいと言う事で、餃子が提供されているのです。

もちろん、店内で提供されている餃子は、すべてワインにあうように作られた餃子ばかり。ワインが進む味付けになっています。中でもお勧めなのが、「白鴨餃子」(6個480円)と「赤鴨餃子」(6個480円)です。こちらは、食べ比べする事で、より違いを楽しむ事ができる餃子になっています。

「白鴨餃子」の中身は、鴨肉と豚肉の合いびき肉。一般的には、豚の合いびき肉のみで作られる事が多い餃子ですが、この「白鴨餃子」には、鴨肉が加えられています。そして、もう一方の「赤鴨餃子」には、八丁味噌とラー油が混ぜられていて、ピリッとした辛みがワインによく合うと評判です。

その他にも、少し贅沢気分が味わえるフォアグラ餃子。鴨とフォアグラが混ざったフォアグラ餃子は、少し贅沢な味わいになっています。もちろん、ワインにもピッタリです。そんな、餃子とワインの楽しみ方ができるおしゃれな餃子店「オペレッタ52」。

週替わりでテーマに沿ったワインが提供されるため、自分では選ぶ事のないワインに出会う事ができるようになっています。また、各ワインは、グラスワインで飲む事ができ、様々なワインを試す事も可能になっています。

今までの餃子のイメージを大きく変えた「オペレッタ52」。おしゃれな餃子店だけではなく、本格的なワインとちょっと変わったワインにあう餃子を楽しむ事ができる、そんな、お店になっています。

 - 未分類